ソフト闇金は高金利の違法業者で利用には大きな危険が伴います。

ソフト闇金とは?

ソフト闇金の手口と実態とは
ソフト闇金とは、“厳しい取り立てを行わない”をセールスポイントにした文字通りソフトな集金を行う闇金業者のことをいいます。
非正規業者で法外な貸付をする違法業者には変わりありませんが、消費者金融などの正規業者から借入できない人は頼らざるを得ないのもまた事実です。
ある人は「従来の闇金より手軽に利用できて優しい対応をしてくれる」と言い、またある人は「ソフト闇金に騙されて人生が狂った」と言います。

 

真実は一体どちらなのでしょうか?

 

実際にはどのように取引が行われるのか、取り立て・条件といったソフト闇金の実態に迫りました。

 

ソフト闇金と闇金の違い

「ソフト闇金」と聞くと通常の闇金よりも“甘い”という印象を持つ方も多いかもしれませんが、決してそんな事はありません。
消費者金融の場合は利息制限法により「100万円以下の貸付は年利18%」に制限されていますが、違法業者はこれのゆうに数十倍の金利でお金を貸し付けています。
違法金利で良く耳にする「トイチ(10日で利子が1割)」ですが、これなど全然甘いもので、実際には新規利用者に対して「トニ(10日で利子が2割)」「トサン(10日で利子が3割)」は当たり前の世界です。

※余談ではありますが「闇金ウシジマくん」では“トゴ(10日で利子が5割)”で貸し付けを行っていましたね…

ソフト闇金と安易に手を出す方が多くなっていますが、闇金の実態や手法を知り計画的に利用しないと破滅を招きかねないのです。

 

ソフト闇金と消費者金融の違い

ソフト闇金は違法業者になるので、ジャンル的には闇金と全く同じです。
CMでよく見かけるアイフルやレイクといった所謂大手消費者金融は、金融庁から許可を受けて営業を行っている点で大きく異なります。
法的には、消費者金融で借りたお金は法律の範囲内で正式な手続きを踏んで契約を締結しておりますので、当然ですが弁済する義務が生じます。
ソフト闇金で借りたお金は法的に無効で元本を含めて返済責任はありませんので、この点は大きな違いと言えるのではないでしょうか。
直接個人が無効を主張しても当然認めてくれませんが、専門の弁護士を介して交渉すると、最近では割と簡単に引き下がるケースもあるようです。

しかしながら、相手は違法業者なのでどのような手を打ってくるのか未知数です。
安易に「返さなくても大丈夫」という軽い気持ちで借りるのは絶対にやめましょう。

 

詳しくはこちら

ソフト闇金の見分け方

 

借入時の審査・流れ

闇金の審査や流れをチェック!

貸付は貸し倒れリスクを含めて審査され、状況によって金利を決めます。
これは正規の金融業者も闇金業者も同じです。
ただし、消費者金融でも一定割合の貸し倒れが起こっているので、貸金業法や業界のセオリーに基づいた審査基準を設けています。
ソフト闇金にも独自の審査基準はありますが、基本的に消費者金融で借りれないブラックユーザーがメイン利用者になりますので、当然貸倒(回収不可)する可能性は高いです。

 

  1. 属性が良い(有名企業に勤めている等)
  2. 資産を持っている
  3. 借入れ実績がある

 

 

正規の金融業者と同様、この辺りをクリアしていればより好条件で借入できる可能性が高くなります。

 

闇金業者に信用情報は無関係

もちろん上記①②③の条件を備えているのが望ましいですが、闇金業者が最も気にするのは「貸倒リスク」です。
前述した通り、そもそも正規の金融業者で借りる事が出来ない人をターゲットにしていますので、かなりの割合で債務不履行に陥ります。
さらに、返済能力があるにも関わらず周囲から助言やネット上の書き込み知恵を付け、弁護士を介入させて無効を主張してくるユーザーも多く存在しています。
闇金は紹介や独自の人脈での集客が中心ですが、ソフト闇金はネット集客を積極的に行っているので、弁護士介入リスクは闇金より高いのです。
こうした事情から、総合的に利益が残るようにソフト闇金は消費者金融とは比べ物にならない高い金利に設定しています。
もちろん闇金業者を擁護するつもりは一切ありませんが、弁護士の介入による取引無効・警察の摘発・回収不可といった様々なリスクを鑑みるとトイチ・トニといった暴利も致し方ないのかもしれません。

 

取り立ては本当に「ソフト」?

ソフト闇金は暴力団が絡んでいることも多いですが、新規相談や返済遅延を起こしていない顧客に対しては消費者金融と同様に割と丁寧な対応をする事が多いようです。
説明される条件は当然違法性がありますが、昔のように脅したり・陥れるような業者は少なく、細く長く搾り取る営業スタイルを執るヤミ金が増えています。
そのため、ソフト闇金が甘いというよりも業界全体がそのようにシフトしているのかもしれません。
ただし、受付窓口と債権回収は別の人が行いますので、表向きは優しくても厳しい取り立てを受ける可能性は十分に考えられます。

 

詳しくはこちら

闇金の様な取り立てなの?

 

クレジットカード現金化は闇金?

“クレジットカードでお金”
“ショッピング枠を現金化”
といった謳い文句が書かれている看板やチラシを目にしたことはないでしょうか?
こちらは、クレジットカードのショッピング枠を80~90%の割合で買い取るサービスで、一般的には「クレジットカード現金化」と呼ばれています。
クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、前者は後者に比べて枠が少ないため、先に限度額に到達してしまいます。

 

(例)
ショッピング枠50万円内キャッシング枠20万円

 

そのためキャッシング枠を使い切ってしまった人はショッピング枠を使って現金を得るしかなく、当該サービスは今もなお一定の需要があるのです。
基本的には商品券や貴金属をクレジットカードで購入し買い取ってもらうという流れ(売買契約)になりますが、中には直接金銭を貸し付ける闇金業者や換金率が50%に満たないような悪徳業者も多く存在しています。
ひと昔前に比べてこのような業者は減ったとはいえ、まだまだグレーゾーンと呼ばれる業界です。
利用の際はクレジットカード現金化優良店の特徴をしっかりと事前調査した上で利用業者がそれらに当てはまっているかを必ず確認するようにしましょう。

 

 

返済後も危険

ソフト闇金によって漏えいされる情報
闇金業者や詐欺グループが何よりも欲しがるもの…それは「情報」です。
闇金を利用して返済したとしても、お金を借りたという事実はいつまでも情報として残りますので、その後も利用を勧めて来たり、別業者に情報を売ってしまったりもします。
中には利用した事が無い情報商材屋やクレジットカード現金化業者といった闇金以外の業者も含れており、返済した後も情報が多くの他業者へと流出してしまう可能性があるのです。

 

甘い言葉には要注意

闇金は事前に提示した条件通りにいつでも返済を受け入れています。
例えば、10万円をトニで借りた場合、10日後に12万円を返済する必要がありますが、7日や5日に返済しても法律上問題ありません。(もちろん金利は違法ですが…)
最も恐ろしいのは、返済を拒否されてしまうケース(所謂「ジャンプ」)で、言葉巧みに金利のみを回収して元本をそのまま残しておき、出来る限り金利を貪るという手口です。
一方で、ソフト闇金は厳しい取り立てとは無反対に「気にしなくていいよ」「返すのはいつでもいいから」といった優しい言葉を投げかけ、利用者を泳がせます。
お金を借りる方は心身ともに参っている状態であることが多くこれらの優しい対応に涙を流す方もいるようですが、実はこれがソフト闇金の罠です。
1~2カ月が経過して利息が膨大に膨れ上がった瞬間に一気に取立を行います。

もちろん借りないのが最も良いのは言うまでもありませんが、甘い誘惑に流されず必ず期間内に返済するようにしてください。

 

 

利用は絶対に避けましょう

電話やネット上だけの付き合いである事が多く、計画的な返済ができれば大きなトラブルが起き辛いソフト闇金ですが、高金利・個人情報の流出・最終的には厳しい取立てといったデメリットが数多く存在します。
期日までに支払いができないと、そこから法外な金利で借金が膨れ上がり、闇金と同様の流れで厳しい取り立てが行われます。
どのような状況であったとしても利用しない方がベターな現金調達方法と言えるでしょう。
多重債務でお困りであれば法テラスや弁護士、闇金被害であれば警察・消費者生活センターといったように、必ず適切な官公庁や専門家に相談するようにしてください。

 

↓各庁の公式ホームページ一覧はこちら↓

金融庁「多重債務についての相談窓口」

https://www.fsa.go.jp/soudan/

 

TOPへ