ソフト闇金は闇金と同じく高金利の違法業者で、正規の消費者金融とは根本が違います。

ソフト闇金の巧妙な手口

ソフト闇金の魔の手
ソフト闇金は、暴力団や闇金が活動しにくくなった現代においても、ネット集客を活用して成長を続けています。
取り締まりが厳しくなっても安定した運営をしているのは、それだけ手口が巧妙だからです。
闇金と同様に弁護士に相談すれば、元本を含めて借金をチャラにできますが、弁護士からの電話一本で解決できないことも多く、一筋縄ではいかないことが多いです。
結果的に迷惑行為を恐れて弁護士や警察に相談できず、法外な利息を払って自力で解決しようとする人が後を絶ちません。

 

 

 

弁護士を含めて弱みを見せない

弁護士の選び方も重要

闇金問題に強い法律事務所に相談すると、電話一本で簡単に取り立ても止まって借金がチャラになるケースがあります。
しかし、相手がソフト闇金になると一筋縄でいかなくなることもあります。

 

そもそも闇金もソフト闇金も違法な貸付なので、法廷で争うまでもなく借金の返済義務はありません。
弁護士に相談依頼すると、交渉するのではなく一方的に無効を主張してもらう流れになります。

 

しかし、すんなり受け入れていては闇金も商売が成立しません。
弁護士から連絡を受けた闇金は、弁護士へ相談されたことに逆上して、すぐに親や職場に連絡をして強引な取り立てを行ってきます。
場合によっては返済するのが困難でも納得いかない理由で迷惑行為を続けてくることもあります。

 

力のない弁護士に相談すると、弁護士に闇金に簡単な連絡をいれて 「後は闇金からの連絡は全て無視してくれ」と無責任な対応をされることがあります。
自分だけの連絡なら簡単に無視されますが、郵送、家族、職場への連絡によって問題が大きくなってしまうこともあります。
なかには、弁護士に相談した結果、取り立てと迷惑行為がエスカレートして、結果的に闇金にお金を払って解決してしまうケースもあります。

 

闇金問題に強い弁護士の場合は、闇金側の弱みを突くことに優れています。
全国の闇金に対して、刑事責任を追及したり、取引で使っている口座の凍結などをするノウハウを持っています。
闇金も専門性のある弁護士を敵に回すリスクを知っているので、連絡を受けた弁護士によって対応を変えています。
闇金に強い弁護士は電話交渉で相手が応じて、迷惑行為も行わなければ、それ以上は何もしません。
迷惑行為を続けると、舐められないためにも徹底的に攻撃を行います。

闇金の検挙件数自体は増えているのは警察よりも専門性の高い弁護士が増えたことが関係しています。

 

 

地域密着型で紹介等を利用する闇金は足が付きやすいですが、ネット中心の運営をするソフト闇金は弁護士を含めて実態を明らかにしません。
知らない番号からの電話には応答しないし、留守電設定もしないので弁護士から通知することすら難しいです。
連絡が取れたとしても、実態や所在地などを隠すことを得意にしているので、闇金に強い弁護士からの連絡を交わして迷惑行為をエスカレートすることがあります。
相手が見えない分、弁護士介入による解決を目指した場合、闇金よりもソフト闇金の方が難しい状況になってしまう場合があります。

 

 

TOPへ