ソフト闇金の取り立ての手口は従来のものと共通点が多く決して緩くはありません。

闇金の様な取り立てなの?

ソフト闇金の取り立て方法を紹介
闇金とソフト闇金の取り立ての手口は共通点が多く、違法性のある悪質な取り立てを受けるリスクがあります。
当初決めた約束通りに支払いをする、返済遅延する際に事前に連絡を入れるなど誠意ある対応をしていれば、ソフト闇金は優しい対応を続けてくれます。
優しい対応を続けても回収が困難だと判断すれば、闇金と同様の方法で取り立てを行ってきます。

 

 

ソフト闇金の取り立て

以前は自宅におしかけて大きな声を出すことや、玄関に「金返せ」といった張り紙や落書きをすることもありましたが、現在は取締が厳しくて直接顔を合わせた取り立ては基本的にしてきません。
ソフト闇金はネットから全国対応で集客しているので、地域密着型の闇金に比べても電話や郵送で取り立てを行う比率が高いです。
実際にどのような方法でソフト闇金が取り立てしてくるかまとめました。

 

 

 

借金をバラすと脅す

 

ソフト闇金は利用者が職場や家族に内緒で借金している弱みに付け込んできます。
返済遅延をすると、「早く払わないと周囲に取り立てをする」と脅してきます。
本来は保証人として契約書に署名・捺印をしていなければ、家族であっても弁済請求することはできません。
職場への請求は裁判所の強制執行があれば、給与差し押さえを請求できますが、強制執行のない中で借金している旨を伝えるだけでも違法です。
しかし、ソフト闇金は闇金と同じ違法業者なので、法律やコンプライアンスを守る概念はありません。
当然、脅しではなく本人が誠意を見せないと、すぐに周囲に連絡をして取り立てを行ってきます。

 

 

お金を捻出する方法を紹介する

ソフト闇金によってお金を搾り取られた男性

闇金がブラックに対して積極的な貸付をするのは、お金を持っていない人から回収するノウハウを持っているからです。
闇金が提案する資金調達方法の一例を紹介します。

 

 

  • 物を売る
  • 終身保険や定期貯金などを解約する
  • 風俗店の仕事を紹介される(主に女性、男性も送りやボーイなどダブルワークを提案されるケースあり)
  • 土木作業員の仕事を紹介される(原発関連の作業員が多い)
  • 親など家族に相談する
  • クレジットカード現金化の利用
  • 仕事を辞めて退職金を受け取る
  • 違法行為への加担

 

 

人それぞれ状況によって提案される内容は異なります。
借りる時はクレジットカード現金化よりお得だと説明しておきながら、返せなくなるとクレジットカード現金化をして返せと言ってくるソフト闇金もいます。
どれも受け入れたくないものですが身内にバラすことや、妻や娘に水商売の仕事を斡旋させるなどと脅して、やむを得ない状況で資金調達をさせてきます。

 

 

 

ソフト闇金が提案する違法行為への加担とは

手口や種類は巧妙化していて、多数の方法がありますが、よくあるものは以下の通りです。

 

 

  • 銀行口座を開設して通帳、暗証番号、届出印を売る
  • 違法請求するクリニックで受診する
  • 特殊詐欺の受け取り役をやらされる
  • 詐欺商材のセミナーにサクラとして参加させられる
  • エロ動画の盗撮

 

 

マンガなどでよくあるドラッグの運び屋など捕まった時のリスクのある責任が大きいことは借金している人には任せません。
指示をされて行うだけであれば、警察に捕まっても厳罰を受けることはありませんが、捕まりやすい捨て駒として利用されるので、リスクは高いですし、無実になったとしても面倒なことが色々あります。
最初は断ろうとしても巧みに脅して違法行為に加担させてきます。
儲かる内容でも報酬は非常に安く、1回の違法行為ではなく、何度もやらされてしまいます。

 

 

TOPへ